Life Cosmetic-aging care

アイメイクのマストコスメ|アイシャドウの使い方を大特集

目が大きく魅せる方法

色のポイントを抑えるだけ

お化粧

毎日使うコスメでアイシャドウの使い方がいまいち分かりにくいと悩んでいる人は、自分の目元タイプに似合うカラーを知っておくことです。
一重、奥二重、二重に似合うカラーは異なります。
一重に似合うカラーは、ブラウン、ブラック、ピンクなどの淡いカラーです。
塗り方としては瞼全体にクリーム系のカラーをしっかりと塗り、ブラックまたはブラウンのアイシャドウを混ぜ、アイライナーを轢くような感じでやや濃く塗ります。
そして黒目に合わせるようにブラウンやブラック系のアイシャドウを塗り、最後にピンク系のアイシャドウをしっかりと塗ることで大きく目を強調できます。
奥二重の場合はやや派手目の色のほうがはっきりとした目元を作ることができます。
ブルーやイエロー系などを中心に塗ることで黒目をしっかりと引き立てることができます。
逆にピンクなどの淡い色を使うと目が腫れぼったく見えますので、ブラック系のアイシャドウと派手なカラーを組み合わせることではっきりとした印象を作ることができます。
コスメ選びでは敵なしのイメージの二重瞼もカラーの選び方によっては腫れぼったく見えます。
ブラウンのアイシャドウをアイライナーのように轢き、黒目を少し軽目にのせ、全体にクリーム系等のカラーをのせ、涙袋付近にホワイト系のシャドウを入れることで目元を綺麗に見せることができます。
コスメの力によって綺麗に見せることができます。
自分の瞼タイプに合ったコスメやアイシャドウを選ぶことが大事です。

色によって印象が変わる

スキンケア

目をパッチリと大きく見せたり、印象的な目元を作ったりと、アイメイク用コスメはメイクには欠かせないものですね。
アイラインやマスカラなど、アイメイクに使うコスメはたくさん販売されていますが、ひと塗りでガラッと目の印象を変えることができるコスメはアイシャドウではないでしょうか。
様々なカラーのアイシャドウが販売されている中で、茶色やベージュなどを基調としたオーソドックスなカラーは使いやすいですが、他のカラーにも挑戦して目元の印象をたまには変えてみましょう。
茶色やベージュなどのカラーは目元に自然な陰影を作りやすく、ナチュラルに大きくパッチリとした目を作りやすいので、仕事に行く時などに良いでしょう。
涼しげな目元を作りたい時は、ネイビーやグリーンなどの寒色系アイシャドウを塗ってみるとすっきりとした目元になります。
アイホール全体に寒色系カラーを塗るのは勇気が出ないという方は、目尻の方を中心に部分的に塗ると使いやすいです。
ピンク系のアイシャドウも人気のあるカラーで、ふんわりと女の子らしい目元を作ることができる使いやすいカラーです。
しかし一重まぶたや奥二重の方の場合は、全体的に塗ると腫れぼったく見えてしまうこともあり、人によっては敬遠されることもあります。
こちらもアイホール全体に塗るのではなく部分使いをしたり、目を引き締める濃いピンクを選んだりすることによって腫れぼったさは無くなります。
薄いトーンのピンクはハイライトなどのコスメのように、下瞼周辺のくすみ飛ばしにもなりますし、涙袋を強調するのにも使えます。

清潔感がマストです

メイクアップ

30代40代になっても、若いころと同じようなメイクをしている人はいませんか。
ファッションと同じようにメイクにも年代で似合うものが変わってきます。
ですから、メイクも年齢によって徐々に変えていく必要があります。
たとえば、一番わかりやすいのがアイメイクです。
太いアイラインで目を囲んだり、マスカラでまつげを強調するのは、20代前半までにしておきましょう。
30代を過ぎて同じアイメイクだと、若づくりをしているおばさんのような仕上がりになってしまいます。
最近の大人のメイクは、ナチュラルで清潔感のあるさりげないメイクが好まれる傾向にあります。
ナチュラルなように見えて実は作り込んでいる、そんなメイクできれいな大人を目指しましょう。
アイメイクコスメの中でもアイシャドウの選び方には気をつける必要があります。
とくに、ブルーやピンクなど色のついたアイシャドウを使いたい場合は、なるべく薄めで品があるタイプを選びましょう。
濃いと品がなくなります。
また、ラメ入りのアイシャドウを使いたい場合は、なるべくラメが細かいものを選んでください。
できればラメよりも繊細なパールパウダーが入ったものの方がオススメです。
目元に光を与えて、明るい印象になります。
また、クリームタイプのアイシャドウも、目元の乾燥が気になる方は効果ぜひ使ってみてください。
年齢とともに肌や髪の質感も変化しますよね。
コスメも更新してそのときの自分に似合うものを見つけましょう。
美容雑誌を定期的にチェックして最新のコスメ情報をウォッチしたり、コスメブランドのカウンターで似合うものを探してみましょう。