Life Cosmetic-aging care

アイメイクのマストコスメ|アイシャドウの使い方を大特集

アイメイクの基本

基本的な塗り方

メイクをする人

目ヂカラをアップさせるコスメアイテムの一つが、アイシャドウです。
アイシャドウは、まぶたにグラデーションをつけることで、目もとを華やかにするコスメです。
アイシャドウにはパウダータイプやクリームタイプなどがあります。
また、カラーもブルー系、ブラウン系、パープル系、ラメ入りラメなしなど様々です。
初心者には、カラーがいくつかセットになっていて、グラデーションが簡単に出せるコスメアイテムがお勧めです。
順番にまぶたに乗せていくだけで、プロのメイクさんがしたように上手にグラデーションが出せます。
アイシャドウを塗る前に、アイカラーベースがあれば便利です。
アイカラーベースは肌色でクリーム状のコスメアイテムです。
アイカラーベースを指先にとってまぶたに塗れば、カラーの発色と持ちがよくなります。
カラーベースを塗ったら、アイシャドウの中で一番薄いカラーをまぶた全体に塗ります。
そしてその次に濃いカラーを二重まぶた近くまで塗り、1番濃いカラーはまつ毛から上のあたりに塗るのがアイシャドウの基本です。
「薄いカラー→濃いカラー」に塗ることで、パッチリした華やかな目元になります。
また、ホワイトのアイシャドウには、下まぶたのまつ毛に沿って塗ることで目が大きく見える効果があります。
ナチュラルメイクにしたいなら、逆に「濃いカラー→薄いカラー」に塗るのがお勧めです。
そうすれば濃いカラーがぼやけるので、ナチュラルな仕上がりになります。

知っていると迷わない

婦人

コスメの中でもアイシャドウのブラシほど種類の多いものはないです。
しかし、種類が多いのには理由がきちんとあります。
それは、アイシャドウというのはコスメの中でも使用方法を間違えると取り返しがつかないものであり、メイクの要になっているからです。
そのため、美しいアイメイクを完成させるためにもアイシャドウのブラシはたくさん存在しています。
なので、コスメ選びの際はコスメそのものだけではなくて、こうした付属ブラシなども自分のメイクを進化させるために必要なものだと認識してください。
まず、ブラシの種類と使い方ですが、ブレンディングブラシのと呼ばれるのがアイシャドウ用のブラシの総称です。
ぼかす時に使用するもので、何もついていないブラシでブランディングすることによって綺麗なグラデーションを作ることができます。
指でぼかす人もいますがそうすると指についてしまって色まぶたに残らないということもあるので、ブラシを使用するようにしてください。
また、鼻筋のハイライトをぼかす際にも使用できます。
このブラシにも大小あり、大きめのものはアイホール全体にベースカラーを入れる時に使用します。
小さめのものは万能でどのような場合にも使用できるので一本で済む場合もあります。
ペンシルブラシというものも代表的なブラシでピンポイントでラインを入れることができます。
涙袋や目頭といった細かい部分に使用するものとなります。
この二つのブラシを使い分けるだけでもぐっとアイメイクが楽になるので覚えておくようにしてください。

グロスやネイル

コスメ

女性のメイクの中で欠かせないコスメの一つがアイシャドウです。
アイシャドウがあればアイメイクはほとんど完成させることができるほど欠かせないアイテムです。
最近ではピンクや赤などのアイシャドウが流行っていますが、アイシャドウはほかのコスメと違って流行が早く使い切らないカラーもパレットに残っているのではないでしょうか。
そんな使い切れないアイシャドウの使用法をご紹介します。
まずブラウンやホワイト系の色は、ノーズシャドウやハイライトとして活用できます。
眉の色を明るくしたいときには明るいブラウンのアイシャドウが活躍します。
定番カラーだからこそ、いくつも同じような色を持っている方も多いと思います。
アイシャドウとしてあまり使わないというものがあれば活用してみてください。
また、赤やピンクなどの春色のアイシャドウは季節を選ぶコスメなのでなかなか使いきれないことが多いと思います。
そんな時は手作りグロスがおすすめです。
市販のヴァセリンに好みの色を混ぜるだけの簡単グロスです。
手作りの際は容器を消毒し、保存料などを入れることができないので早めに使うように注意しましょう。
他にはネイルのカラーとしても活用できます。
ベースコートを塗った爪に好きなアイシャドウをチップにとって塗ると簡単グラデーションネイルができます。
適度にラメがあるので上品なネイルに仕上がります。
アイシャドウというコスメは様々なバリエーションをつけることができるので、表現の幅が広がります。